gpsや防犯カメラで日々の生活が守られる|最高の護衛隊

不可欠なアイテム

監視モニター

なぜここまで防犯カメラが不可欠になってしまったのでしょうか?一昔の日本は近隣住人同士コミュニケーションをとっていました。不審者がいたり、不審の様子があると近隣同士助け合っていました。しかし現代では科学技術発展し、街も都会化していきました。そのせいで近隣同士はコミュニケーションを取らなくなり、犯罪も増えてしまったのです。犯罪が増えた現在の日本は、防犯カメラを設置し、防犯効果及び犯罪時の証拠として利用していきました。その一方で、ありとあらゆるところにカメラがあるのはプライバシーの侵害にもなりかねません。自分の家にもカメラを設置するときも角度に気をつけないと、プライバシーの侵害だと言われる場合もあります。

犯罪の手がかりとなっている防犯カメラですが、その防犯カメラによって犯罪になることもあります。それは設置場所によって変わってきます。トイレや更衣室、お風呂などでは完全に盗撮とみなされてしまいます。お店側がそんなことをしてしまうと信用を失うどころではありません。お店の人ではない誰かが設置されたとなるとお店側にとってはお客さんに不信感を買われてしまいます。ですが、隠しカメラが設置されているなんて普通気づきませんよね。その対策として盗撮発見器というものがあります。カメラが近くにあると音は鳴らしてカメラの存在を知らせてくれます。発見器だけではなく盗撮妨害機というのもあります。それを盗撮カメラの近くに設置しておくと電波を妨害して映らなくさせる効果があります。犯罪が多い現代では防犯カメラは無くなることはないと思います。防犯カメラも場所によっては盗撮カメラになります。常にカメラを意識しておき、盗撮されているかもしれないという気持ちは持っておいたほうがいいのでしょう。