gpsや防犯カメラで日々の生活が守られる|最高の護衛隊

ストップザ犯罪

ロック

現在では日本も物騒な事件が増えてきており、知らない間に自宅に隠しカメラや盗聴器などが設置されていたというトラブルも意外と多いと言われています。これは犯罪者が楽しむためだけに使われるのではなく、インターネット上で流出されるなどといった二次被害が発生するケースも多いとされている非常に重大なトラブルなのです。そんな犯罪を防ぐために、様々な防犯グッズが存在しているのです。よく耳にすることが多いものだと「催涙スプレー」「防犯ブザー」などがあります。自分の子どもを変質者から守るために防犯ブザーを持ち歩かせているという親も多く、線を引くことで簡単に周囲へ騒音を撒き散らすことができます。

防犯カメラとはコンビニやスーパーなどでも設置されているところがほとんどで、犯罪現場を記録しておくことで犯罪者の逮捕に非常に役立ちます。しかし、それはあくまでも犯罪者が犯罪を犯したあとに有効となるもので、映像を記録しておくという機能自体には犯罪を防ぐ効果はないのです。しかし、この防犯カメラの機能としては実はそれだけではないのです。これを設置しておくだけで、犯罪を起こりにくい環境を作り出すことが可能となるのです。人間とは、カメラが設置されているというだけでその圧迫感から集中力が損なわれてしまうということがあるのです。これは心理学的にも証明されていることで、悪いことをする時には普段よりも気持ちが高揚し精神状態に乱れが出てきます。そのため、カメラに監視されていることで不安感を増大させ、結局は何もできずに逃亡してしまうといったパターンは意外と多いのです。